HOME >  お役立ち情報 >  スパ爆発事故で設計者が有罪

スパ爆発事故で設計者が有罪

東京渋谷の温浴施設「シエスパ」が2007年に爆発し、死傷者が出た事故で

mac software download

某大手ゼネコンの設備設計担当者に、東京地裁は執行猶予付の有罪判決を
言い渡しました。
被告の設計担当者側は、判決を不服として東京高裁に控訴しました。


情報元:日経BPケンプラッツ建築2013.5.13
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20130516/615709/



上記HPによれば、次のようないきさつがあったようです。

  1. 当初は別の手法で設計されていた
  2. メタンガスの対策について近隣住民からの反対があり、設計変更をした
  3. 設計変更により、配管設備内に、結露を防ぐための水抜きバルブが必要になった
  4. 水抜きの機能を果たすため、設計者はバルブを常に「開いておく」よう、現場の施工担当者に指示した
  5. 現場の下請け施工会社から、硫化水素の対策でバルブは「閉じておく」べきという指摘を受け、これを受け入れた
  6. 設計担当者から施工担当者に対して、バルブを閉じておくことによって生じる「手作業での水抜き」の必要性、を伝えなかった
  7. 施工担当者が異動になったが、後任者には変更のいきさつが伝達されなかった
  8. 運営会社にも変更のいきさつが伝達されなかった

施設の運営側は、配管内の結露を防ぐために手作業でバルブを開き、水抜きを
しなければならなかったのですが、知るすべもなく、やがて配管が閉塞し、メタンガスが
機械室に滞留して、火花が引火して爆発がおきたようです。

 

建物が密集した市街地での惨劇。
ニュース映像など、覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

この設備のもつ危険性を予見できたのは、設計担当者であり、関係各所に対して
適切な説明をしておくべきところ、これを怠ってしまったという理由で、業務上の
過失責任を問われています。

 

本ブログではこの争点については言及しませんが、仕事をしていくうえでの教訓と
したいと思い、この事件を取り上げました。

 

「関係者に適切な説明をしなかった」

「記録に残さなかった」

「後任者に伝えなかった」

 

弊所も含め、このようなミスは日常茶飯事です。
おおきな問題になる前に、いまいちど所内のチェック体制を確認したいものです。

 

まずは顔を合わせてのコミュニケーションからですね。

 

弊所ではほぼ毎朝のミーティングに一時間弱をかけています。
時間がもったいないな、と思う反面、この原始的なやりかたが功を奏していると
思える時もあります。

 


ご相談はお気軽に(^o^)いつでもどうぞ!

 

☆街のお助けマン☆行政書士塩崎宏晃☆

 

行政書士塩崎事務所 http://www.shiozaki.biz
(おかげさまで今年で10周年を迎えます)

 

BCP策定運用支援の専門家集団
静岡事業継続マネジメント協同組合 http://shizuoka-bcm.net
(理事として参画しています)

働くFPママ
ちょこ得ブログ

ちょこ得ブログへ

所在地

〒435-0013
浜松市東区天龍川町536番地の2

TEL:053-545-9171電話をかける
FAX:053-545-9176
颯爽:053-545-9172電話をかける

Copyright © 2013 Shiozaki-Jimusyo. All rights reserved.

PAGE TOP